Netflixとauの提携に関するモヤモヤ

Netflixとauの提携に関するモヤモヤ

KDDIとNetflixは、auでのセット料金の提供について業務提携を締結したとのこと。
夏には25GBの通信量とNetflixやビデオパスをセットにした「auフラットプラン25 Netflixパック」を提供を始めるらしい。

あまり魅力的なプランではない

サービス的にはauのデータ定額プラン「auフラットプラン 20」に1000円追加で支払うことで下のサービスが受けられるとのこと。

(1)5GBの追加データ通信容量
(2)Netflix ベーシック(月額650円相当)
(3)ビデオパス 見放題プラン(月額562円相当)

一見、いい感じに見えますが、各々のサービスを使用中もしくは経験のある方にはモヤモヤが残ると思います。

(1)5GBの追加データ通信容量

元が「auフラットプラン20」ですからね、、
月に20GB使用する人って全体の何%なんでしょうか?
テザリングをよく使う場合は必要な気もしますが、そもそもテザリング利用でパソコンから通信したら25GBでさえ足りない。
かといって、スマホだけで月に20GB利用するのは相当動画見ないといけません。
ちなみに、Netflixは相当数の作品がダウンロードできるので、LTEでストリーミング再生することはあまりありません。

とりあえず、結論としては25GBもデータ通信容量は必要ありません。

(2)Netflix ベーシック

Netflix ベーシックプランねぇ。。
これSD画質な上、複数デバイスでの同時視聴ができませんからね。
あと、月額300円足せば、スタンダード契約ができて、HD画質な上、複数デバイスでの同時2視聴できます。
私の場合は家族5人で各々がiPhoneやパソコン、PS4などで利用しますが、たまに2視聴超えて誰かが見れない程度。
結局、今どきは最低でもHD画質は欲しいところ。
そういう意味ではスタンダード一択かと思います。

(3)ビデオパス 見放題プラン

ビデオパス・・・不要です。
気になる方はググって下さい。

そもそも志がモヤモヤする

そもそも自社で「ビデオパス」というび映像ストリーミング配信事業をしておきながら、Netflixと提携するのか。。。

あくまで撒き餌

それはauがこういったサービスを携帯加入者を増やすツールにしか考えてないからだと強く思います。
「スマートパス」展開時に”定額アプリ利用”を先行して大きく告知しながら、アップルに一蹴された過去があるように、映像なり、音楽なり、ソフトなりを携帯加入者の”おまけ”意識で撒き餌に使う姿勢にはコンテンツに対するリスペクトが全く感じられません。

NTTドコモでは?

NTTドコモは「dTV」を始め、雑誌など含めてコンテンツ系の定額サービスを展開していますが、ドコモ以外のユーザーも加入できるなど、映像ストリーミング配信事業として運営していますし、少ないながらも独自コンテンツの制作も行っています。
(とはいえ、会員は減少の一途らしいですが・・・)

仕方ない気もするがモヤモヤは残る

だからといってauが配信ビジネスに参入すべきかというと、それはNoです。
もはや、Netflixとアマゾンプライムの2つの巨大配信サービスに勝つのは非常に困難と思います。
それにコンテンツビジネスは日本では育ちにくい状況でもあります。
確かに日本でオリジナルドラマを制作してもテレビ用コンテンツと同等かそれ以下になってしまうでしょうし、とても海外で受ける作品が作れるとは思えません。
それでも、アニメの分野は世界トップクラスで、事実、Netflixが「Production I.G」や「ボンズ」と包括的業務提携を結び世界発信を始めている現実を見ると嬉しい反面、悲しくもあります。
結局のところ、今回のauのサービスプランに見られるように、コンテンツ単体でビジネスをなすのではなく、あくまで、他サービスを売るためのツールや、TSUTAYAのようにコンテンツの単なる横流し提供でしか、ビジネスを成さない為である。
うーん、宝の持ち腐れ感が半端なくモヤモヤしますね。

それでも私はauユーザー

厳しい意見ばかり書いてきましたが、それでも私はauユーザー。
auには志を高く持って頑張って欲しいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする