MT4が使用できるFX業者

2018年の目標である「自作システムでFXの自動売買を検証する」を遂行する為にまずMT4対応業者で口座を開設したいと思います。
つまり、メタトレーダーが使用できることが必須条件となります。

年始ということで2018年の課題・目標を考えてました。 毎年3~5立てるのですが、今年はテーマがやや大変なので2つです。 Unityでゲ...

メタトレーダーとは

メタトレーダーとは通常MT4やMT5と呼ばれるFX用トレードツールです。
無料・高機能に加え、インジケーターを自作できることよりFX取引では超有名なソフトです。

MetaTrader(MT)は、外国為替証拠金取引投資家が利用する電子取引プラットフォームである。MetaQuotes Softwareによって開発され2005年にリリースされた。ソフトウェアは、クライアントにソフトウェアを提供する外国為替業者によりライセンスされており、クライアントとサーバーの両コンポーネントで構成されている。 サーバコンポーネントは業者が担当し、クライアントソフトウェアでは顧客が価格とチャートを表示し注文やアカウント管理を行う。
Microsoft Windowsベースのアプリケーションであり、主にエンドユーザーが独自の取引スクリプトや取引を自動化するプログラムを実行できることから人気が高まっている。 2010年にMetaTrader 5をリリースしたが普及が鈍く、2013年4月時点でほとんどのブローカーはMT4を引き続き使用していた。Mac OS用は公式提供はしていないが、一部のブローカーは独自開発したMac OS用MTを利用している。(Wikipediaから引用)

MT4 vs MT5

結果から述べると今回はMT4を使用することにしました。
本来、MT4のバージョンアップ版がMT5なのですが、2011年のリリースから6年経過しても、MT4から以降が進んでないようです。
原因としてはMT4とMT5の互換性の悪さのようです。例えば、インディケータの互換性がなかったり、その場合はプログラムを修正しないといけません。
移行の手間がかかる割にはバージョンアップ恩恵が少ないのが理由っぽいです。
個人的には初めて利用なのでMT5でも問題ないのですが、こういうツールは多数派を選択することが良い場合が多いです。

国内業者vs海外業者

メタトレーダーが使用できる業者を選ぶ必要があります。

FX業者で国内・海外を選択する際、比較する点は多くあります。
レバレッジ、ゼロカット、信用、税金などなど。
これらは比較しているサイトが多くあるので気になる方はググって見てください。

今回私は海外口座を開設いたしました。
理由としては以下です。

既に国内口座は開設済み

SBI証券と楽天証券のFX口座は既に開設済みでした。
基本的にSBI証券FXで勉強がてら少額取引をしていただけですが、、

国内口座に噂されるFXレバレッジ10倍規制

早ければ本年度にもと言われるFXレバレッジ10倍規制。
私的にはレバレッジは10倍程度しか利用しないので問題ないといえばないのですが。。

追証なしのゼロカットシステム

これが最大の理由です。
海外口座の多くは「追証なしのゼロカットシステム」を採用しています。
追証とは急な相場の変動などでロスカットが間に合わず口座残高がマイナスになる現象です。
ハイ、、私も東日本大震災時にくらいました。。
FXの場合、損切り注文を入れておくのは鉄則みたいなところはありますが、レバレッジを使用していると、この損切り注文が急な変動で間に合わない時に、口座がマイナスになってしまいます。
怖いですよね。。0になるのは覚悟の上でもマイナスで別請求されるなんて、、
そして、盲点があって急な相場変動以外にも発生する可能性があります。
それはサーバ障害等で取引できないときです。
これは各社対応が異なるかもしれませんが、リスクとしては考えておく必要があります。
ちなみに私が追証をくらった時は、国内口座は5:00〜5:30はサーバメンテで取引できなかったんです。
東日本大震災の混乱時にその時間帯をヘッジファンドに狙われて一気に円高にされてロスカットの連鎖で当時、戦後最大最高値を記録しました。。

XMTrading

いろいろ確認したのですが、有名な「XMTrading」にしました。
特に理由はありませんが、掲示板やブログなどを確認して利用者が多いだけで選びました。
口座開設は簡単で、引っかかるとしたら住所を英語入力しないといけないのと、証明書類の添付ぐらいですかねぇ。

英語住所は下のサイトを利用させてもらって変換しました。

JuDressは日本語住所を英語表記に変換するWebサービスです。実用的な変換だけでなく、実用性のないStylish変換もあります。

証明書類は「免許証」と「健康保険証」をアップロードしました。
結果1時間ぐらいで開設のメールが来ました。
早い(^^;)

これから

口座もあっさり開設できたので、いよいよメタトレーダーのプログラミングを進めていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする