一人暮らしのインターネットはどうする?

長女が就職して、この春から東京で一人暮らしをはじめました。
家具や家電など生活用品は奥さんがフォローして、インターネット環境は私がフォローをしました。
その時にいろいろ検討した時の話です。

いきなり結論から

ソフトバンク光」を契約しました。
ルーターはソフトバンク光でレンタルすることなく、購入して用意しましたので、2年契約で月額3,800円(税別)です。

選択肢は意外と少ない

光回線の契約でマンションタイプは、そのマンションで導入工事が終わって回線がきているかどうかでキャリアが変わってしまうので、選択肢が限られてしまうことが多いです。
娘のマンションでは、「フレッツ光」と「J:COM」が可能とオーナーさんから聞かされてました。
固定回線で使うのであれば、ケーブル系を選択することは避けたい・・・となると、
「フレッツ光」か同じ回線を使用できる「ソフトバンク光」の二択になります。
このケースは多いのではないかと思います。
やはり、NTTのブランドは強く、特に大家さん世代には圧倒的強さと考えられます。
一度、通信業界で務めるとわかるのですが、本当に「NTT」ブランド強いです。

「ソフトバンク光」を契約した理由

工事開通前まで「Pocket WiFi」無償レンタルしてくれるのが決め手で「ソフトバンク光」にしました。
新入学・新入社シーズンで一人暮らしを始めるの人が多い時期なので、工事がいつになるかわからなかったし、工事までのインターネット接続をテザリングで乗り切れるかとか考えていたので、渡りに船のサービスでした。

本当はスマホがauなので、「auひかり」が良かったんですがね。。
( J:COMだとauスマホとのセット割引あるのですが、ケーブル回線なので避けました)

光回線のメリット

基本的に最初から光回線をひくことは決めていました。
やはり、光回線には他の無線系と比べるとメリットがあります。

光回線のメリット

  • 回線速度が早い
  • 回線が安定している
  • 固定電話(IP電話)サービスがある

カタログ値通りに速度は出なくても、HD動画が快適に視聴できます。
速度以上に回線が安定しているメリットが大きい。
電話回線にも使用できる・使用するということは、その品質ということです。
少しわかりにくいですね・・・
つまり、キャリアの中で電話回線の品質への意識は、インターネットのそれより、はるかに上ということです。
従来のメタル時代と比べやや意識は落ちたかも知れませんが、少なくとも現場の技術者は電話回線へのこだわりは半端ないはずです。電話サービスの中に「110番や119番に連絡」があるということは人命に関わるサービスに耐えうる品質ということになるます。
そこがインターネット専用サービスとは決定的に異なる点だと思います。

いや、通信業界にいたこともあるので、熱くなってしまいました(^^;)

「フレッツ光」と「ソフトバンク光」を比較する意味

正直言って「フレッツ光」と「ソフトバンク光」を品質面で比較する意味はあまりないです。
回線の速度と品質が気になると思うのですが、結局、同じ回線ですからね。
それに回線以外に契約したプロバイダも少なからず影響します。
そもそも、一人暮らしを始めるということは、ほとんどがマンション契約になるはずです。
マンション契約の場合、そのマンション内では線を共有しますから、他の住民の使用状況が大きく影響してきます。
このような複合条件下では速度や品質はいくら比較したところであまり意味はないと言っていいでしょう。

無線(ポケットWiFi系)では駄目なのか?

ポケットWiFi(Y!mobile)やWiMAX(UQ WiMAX)などのモバイルルーターを使用した無線系は駄目なのかと言われると決してそうではありません。
しかし、無線系には家で使用するインターネット環境に選びにくい点があります。
知らない人も多いので、少し詳しく説明してみます。

(1)速度制限がある。

最近は規約が変更され、10GB/3日で低速処理になる制限となり、光回線の代わりになりえるスペックにはなっています。
当初、娘もこれでいいのではないかと思ったのですが、ところが他にも色々制限があるらしい・・・例えば、高速が謳い文句の「WiMAX2+」は18時から翌日2時頃まで速度が1Mbpsまで落ちらしいです。(1Mbpsって・・・)
でも、実際はそこまで遅くないという証言もあるということは、最低1Mbpsまで落ちる可能性があるということでしょうね。
Y!mobileのポケットWiFiも21時〜翌2時ぐらいまでは速度制限の可能性はあるみたいです。

(2)電波状況による

これは当たり前ですが、電波状況によって速度や品質は異なります。
契約前にレンタルできるキャリアもあるみたいなので、事前確認は重要です。
「4G LTE]は安定していますが、「WiMAX」の場合は高い位置だで電波状況も悪くなります。
「高い位置とは何階くらいからでしょうか?」ってよく聞かれるのですが、
経験(仕事でよく使っていた)的に15階を超えると徐々に悪くなるイメージです。

(3)そもそもモバイル用途

ポケットWiFiは家でヘビーに使用する目的で用意されたものではないです。
WiMAX(UQ WiMAX)は、広告等で「外でも家でも」って謳っていますけど。。
確かに制限を「10GB/3日」に変更したことで可能といえば可能ですが、
動画視聴やオンラインゲームにおいて、視聴やプレイが問題ないかと問われれば「NO」と答えるしかありません。
特にオンラインゲームとかだとポケットWiFiどころか、LANも無線を使用せず、LANケーブルをルータに挿して使っているのではないでしょうか。
プレイ中に切れるとキレそうになりますもんね(^^;)

一方で「動画視聴もゲームもしません。むしろ家にもたまにしかいません」って人はポケットWiFi系でも問題ないと思います。
むしろ、そのような人はテザインができるスマホのテザリングサービスでも十分な気がしますが・・・。

一人暮らしのインターネット まとめると

ここまでの話と被りますが、一人暮らしのインターネットでは以下を考えてもらればと思います。

一人暮らしのインターネット

  • 光回線を優先的に検討する
  • 携帯・スマホとのセット割引ができるキャリアを選択する
  • 外出ばかりなら無線系もあり

マンションに光ファイバがきていないとか、MVNOを利用の人等もいるので、全ての一人暮らしを開始する人にはあてはまらないと思いますが、逆に言えば、光ファイバ対応をマンションを借りる条件に加えることも考えてはどうでしょうか。

娘が「ソフトバンク光」にした結果

申込みから工事完了まで1ヶ月かかったようですが、その間は「Pocket WiFi」を使用して、開通後は快適に使用できているらしいです。
あと、「Pocket WiFi」利用していた時も、特に不満はなかったそうです。
住んでいるのが東京都心ではないし、夜より昼のほうが人が多い街なので、夜も快適に利用できたのかもしれません。
まぁこういうのって主観によりますからね(^^;)

(補足)ルーターはレンタルしなかった

レンタル代は月額500円でしたけどレンタルしませんでした。
Buffaloの「BUFFALO WHR-1166DHP4」を買って使用しています。
実売5000円ぐらいですし、大した設定もないので、簡単に無線環境ができあがりますよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする