非エンジニアのためのクラウドサービス極論

ドンドン勢いを増すクラウドサービスですが、技術的な説明を聞いてもピンとこない人も多いでしょう。
独断と偏見をまじえながら簡潔かつ極論的に解説したいと思います。

クラウドサービスとは?

「クラウドサービス」についてググると「SaaS」「PaaS」「IaaS」などの言葉が踊り、図解されても全くもってわからない人も多いのではないでしょうか?
また、クラウドは「雲のように云々・・」とか説明も多いですよね。
まぁこんな言葉の意味はどうでもいいです。
少々極論ですがクラウドサービスとは、

「月額固定もしくは従量で課金されるコンピュータサービス」

です。
「セルビデオ」に対する「レンタルビデオ」
「分譲マンション」に対する「賃貸マンション」
「マイカー」に対する「レンタカー」
などと同じです。

クラウドサービスの場合、パソコンは自己所有なので少し違うのですが、コンピュータシステムの場合パソコン(もしくはスマートフォンやタブレット)は必須なので、頭から除外して下さい。

そうですねぇ、コンピュータシステムの場合は

ソフトやアプリを「買う」か「借りる」

かですね。

クラウドサービス例(ビジネスの場合)

コンピュータシステムを利用するにはホスト・サーバー等全体を管理する大型コンピュータが必要でした。
利用企業ではそれを購入(リース)し、会社のどこかに厳重に設置し、社内のパソコンをつなげて利用していました。
これをスタートとした場合、技術の進歩やビジネス環境の変化に伴い、以下のように変わっていきました。

・ホストを所有し、情報システム部門がシステム開発や、ホスト・サーバーを管理・運営する時代(バブル期以前)

・システム開発は外注制作へ、情報システム部門の縮小(バブル期崩壊あたり)

・インターネットの普及により、専用機ではなく、パソコンでブラウザ(IE等)を使用するシステムが増える

・サーバーを管理するコスト削減や人材不足の影響で、サーバーをデータセンターに預けるようになる

・ほぼ同時期にサーバーをレンタルするサービスが増える。(実質クラウドサービスの始まり)

ここら辺りで大型コンピュータを中心にハードウェアが購入からレンタルに切り替わります。

・ソフトウェアも着実に移行中。メールやスケジュール管理などはGoogleを中心としたインターネットサービス(今でいうクラウドサービス)へ個人だけでなく、企業も移行し始める。

・どの企業でもあまり差のない業務から順にシステムがサービス化されていく。

・会社にはパソコンとプリンタ以外のシステムハードウェアが消える。

・企業の独自業務システムもクラウドサービス利用が進む(自社向けにカスタマイズして利用)

クラウドサービス例(個人の場合)

個人の場合は少し説明が難しいのですが、スマートフォンから利用することが多いと思われのが「Gmail」「Googleカレンダー」「GoogleMap」等のグーグル系サービスや、「Evernote」や「Dropbox」などのファイル共有サービスあたりがポピュラーでしょう。

また、少し異なりますが、下も本質的にはクラウドサービスです。
・音楽の場合、定額制の音楽配信(Apple MusicやSpotifyなど)
・映画・ドラマの場合、定額制の動画ストリーミング配信(Hulu、Netflixなど)
・ゲームの場合、定額制のゲームレンタル(PlayStation Plusなど)

また、「Microsoft Office365」や「Adobe Creative Cloud」などパソコンのソフトウェアがクラウドサービス化していってます。

でも、実は個人の場合はビジネス程は進んでいない気がします。
趣味嗜好のある世界ですから、ビジネスと違い「所有欲」が大きいからです。
また、月額制よりは買取でずっと使用したいという思いもあり、購入する選択が多いです。

サービス提供側の真の目的

さて、ここからが本記事の本題です。
なぜ、クラウドサービス化が進むのかというと、サービス提供側が「儲かる」からです。
電気・ガス・通信など月額請求のサービスは儲かるのです。
毎日、毎月少しづつお金を吸い上げるサービスは儲かるのです。
それは当然で、売り切りの場合だと販売してもその時だけの利益ですが、月額請求サービスは契約後、使い続けてくれた分だけ利益が上がり続けます。
例えば、携帯電話サービスのように6ヶ月で解約する人もいれば何年も使い続ける人もいますが、端末を無料にしてでも契約を結びたい理由は「儲かる」からです。

そして、クラウドサービスの場合、開発や設備費用は発生するものの、コードの集まりですから材料原価は不要です。
CD-ROMから開放されたソフトウェアはクラウドサービスでは在庫リスクもありません
店舗販売をしないクラウドサービスは値引きは不要です。
買取数万円のソフトを月定額980円ならハードルが下がり、利用者が増えます。

クラウド市場で3割強のシェアをもつAmazon

一般的には知らない人が多いと思いますが、クラウドサービスの中でもサーバーサービスを中心にしている中でAmazon社のAWS(Amazon Web Services)が全世界で約34%のシェアを誇っています。
そう、通販でお馴染みの「Amazon.com」です。
そして残りの市場をMicrosoft、Google、IBMが保持しています。
全世界の情報のほとんどをこれらたった4社で保持しているわけです。

まとめ。だからといって・・・

少々ネガティブな記事になりましたが、クラウドサービスの本質は素晴らしいサービスです。
一般的にはリスクとして情報漏洩などのセキュリティを言われますが、かなり強固なものです。
自社でサーバーをおいてネットをつなげたものなど、比べ物にならない強セキュリティです。
ただし、サービスの根底は数社独占の環境であり、数社の思惑による価格設定ができる状況です。

技術的には素晴らしいものでありながら、一方で技術に詳しくないユーザーからお金を上手く吸い上げるサービス。
それが現時点でのクラウドサービスの影の一面だと私は思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする