本ブログのレンタルサーバーはロリポップのスタンダードプランです

本ブログはロリポップのスタンダードプランを利用しています。
ロリポップを選択した理由や結果などを記事にしたいと思います。

どこでブログ書くか?

本ブログを作る際にまず候補になったのは下の3サービスカテゴリです。

サービスカテゴリ

  • ブログサービス(はてな、ライブドアなど)
  • レンタルサーバー(ロリポップ、エックスサーバーなど)
  • クラウドサービス(AWSなど)

ブログサービス

まず検討したのは、はてなブログの有料プラン「はてなブログPro」。
1年契約の場合月額約700円ですが、独自ドメインは当然可能ですし、複数ブログも最大10までとなかなかのお得感。
ブログサービスの場合、管理ブログ数を増やしても速度が変わらないのが大きなメリットですね。
また、はてなの場合は、はてな内からのアクセスも期待できるので魅力的なサービスです。

レンタルサーバー

レンタルサーバーを利用する場合は「WordPress」等のCMS(ContentManagementSystem)をインストールして使用することになります。
「エックスサーバー」「さくらインターネット」「ValueServer」「ロリポップ」あたりが候補になりますかね。
ここら辺りのサービス(プランによる)だと月間100万PVは耐えれるレベルなので、しばらくは充分なレベルと思えます。
ちなみに「エックスサーバー」以外の「さくらインターネット」「ValueServer」「ロリポップ」は使用経験ありで、特に「ロリポップ」は以前は数契約していました。

クラウドサービス

クラウドサービスはAWS(Amazon Web Service)の一強なので、他社はあまり確認しませんでした。
仕事ではよく利用しているので、パフォーマンスレベルでは全く問題ないのはわかっています。
Wordpress利用の場合、レートにもよりますが、最小構成は月額約1,000円程度と試算できます。
クラウドの場合、バズってもパフォーマンス面安心なのですが、料金が心配になります。
料金試算が面倒くさいのと、なんだかんだ言ってサーバーの稼働状況を確認しないといけないのが面倒くさい。

レンタルサーバを利用することにしました

魅力的だったのは「はてなブログPro」だったのですが、規約的にアフィリリトはOKらしいのですが、同じく規約にある「広告における禁止事項」が気になりました。
解釈しだいではNGになるケースもあるのかな?と思い、ググってみると非表示になったアフィリエイトサイトもちらほら。。
とりあえず、今回は見送りました。
そして、クラウドサービスも見送り、、面倒くさい。
AWSのことは良くも悪くも知っているのですが、まだまだ個人向きのサービスではないと思います。
あと、WordPressはPHPで動作しているのですが、JavaならまだしもPHPで使用するAWSは勿体無い気がします。

レンタルサーバ業者は?

基本的にディスク容量やドメイン数などほとんどの項目はどの会社も問題ないです。
ディスクスペースも50GBとか使用しないと思います。
あえて気になるのは転送量ぐらいですかね。
ここら辺りから「エックスサーバー」VS「ロリポップ」の意識が・・・。

エックスサーバー

アフィリエイターを中心に現在一番人気ではないでしょうか。
機能面でも問題ないですし、速度面も快適そうです。
価格が他より高いですがその価値はありそうです。
あえて気になる点をあげれば転送量の目安が他と比べてかなり低いです。

さくらインターネット

安定稼働には定評があるみたいですね。
良くも悪くも安定した会社だと思います。
PHPのモジュール版は最上位プランしか使えないみたいで、、
今回は見送りかな

ValueServer(バリューサーバー)

別のサイトで使用中なんで詳しいです。
データベースにPostgreSQLも選択できるし、CRONの自由度も高い。
いろいろ自由にできるのでエンジニアには結構嬉しい仕様。
ただ、その分初心者には難しい部分も。。
また、自由度の高い仕様で、サーバーの同居サイトの影響を受けやすいのはチラホラ指摘されているところ。
少なくとも私の公開サイトはやや重め

ロリポップ

「ロリポおじさん」で有名だった「ロリポップ」。
ロリポップのブランディングの変更で、用済みになったおじさんは溶鉱炉に沈められたらしい。。(なんとロリポップ公式)
という「ロリポップ」らしい設定もここまでで、硬派なレンタルサーバに生まれ変わった雰囲気です。
ロリポップ的にはビジネス系も狙っているのでしょうか?
最終的には「ロリポップ」という名前ごと変わってしまう予感が。。

ロリポップ スタンダードブランにしました

ロリポップのスタンダードブランにしました!
実は最後までエックスサーバーとロリポップで思案しました。
そこでとりあえず、10日無料でロリポップ使ってみて、もし、ロリポップに不満なら「エックスサーバー」にすることにしました。
ロリポップにWordPressをインストールして、ある程度カスタマイズ後、記事を入れてGoogleのPageSpeed Toolsで測定しました。
いろいろ最適化前なので、全体の結果はあまりよくないのですがそこは問題ではありません。
レンタルサーバ選ぶ目安として「サーバーの応答時間を短縮する」の指摘があったりなかったり。
「サーバーの応答時間を短縮する」指摘あったときでも応答時間は0.3〜0.5秒
このサーバー応答速度が決め手となり、今回はロリポポップに決めました
エックスサーバーも試してみたいので、次サイトの時には使用しようと思います。

追記

ロリポップなかなか快適です。
「ValueServer」と比較しても私のブログの場合は「ロリポップ」の方が早いです。
ただ、最適化を行ってないせいでもあるのですが、記事が増えるとやや遅くなった気がします。
Googleの「PageSpeed Insights」で測定しても少し遅くなったかな。
適用可能な最適化に「サーバーの応答時間を短縮する」がでてくるようになりました。
それでも応答時間は約0.4秒なので早い気がするんですけどね。
最近、少し「エックスサーバー」に興味がでてきました(^^;)
まぁでも料金がロリポップの倍ですからね。
今の、ロリポップの快適さからするとまだまだ使用するつもりです。

スタンダードプラン 詳細はこちら