最善の転職方法!?紹介予定派遣とは

あまり知られていないと思われる「紹介予定派遣」について記事を書きたいと思います。
技術スキルのミスマッチがよくおこってしまうIT業界での転職にはピッタリの転職方法と思います。

紹介予定派遣とは?

紹介予定派遣とは、まず派遣社員として派遣先企業で期間内(最長6カ月) 働いた後、派遣社員と派遣先企業の双方が合意すれば、正社員や契約社員として直接雇用されるという派遣形態です。
ここで、あくまで「派遣先企業における直接雇用」なので、正社員だけとは限りません。
契約社員やアルバイトとしての雇用形態があることを注意してください。

紹介予定派遣のメリット

ゲームの特徴

  • 「こんなハズじゃ・・・」をなくせる
  • 面接が苦手な方にはいいかも
  • 未経験者でも採用されるかも
  • 派遣会社のフォローを受けれる

「こんなハズじゃ・・・」をなくせる

紹介予定派遣の最大のメリットは一定期間働いてから決めることができることです。
労働者も雇用企業も双方が「こんなハズじゃ・・・」となるのが防ぐことが可能となります。

面接が苦手な方にはいいかも

一発勝負の面接と異なり、一定期間でみてもらえるので、面接を受ける側もする側も、少し気楽な感じで望めるケースが多いみたいです。
※最初は派遣なので、面接ではなくて、現場見学かな?どちらにしても面接なので(^^;)

未経験者でも採用されるかも

例え未経験でも派遣社員として勤務中に才能を見いだせてもらえればOKという会社もあります。
例えばソフトウェア開発で「Java言語は経験あるが、C++言語は経験ない」とかでも採用してもらえる可能性がありますし、転職が駄目だったとしても経験を積むことが可能となります。

派遣会社のフォローを受けれる

紹介予定派遣では、派遣先企業の紹介・就業、採用の意思確認まで、直接雇用契約を除く全てをフォローしてくれます。
採用の意思確認など、本人からは聞きにくいことも、派遣会社が行ってくれるので気が楽です。

紹介予定派遣のデメリット

ゲームの特徴

  • 選択肢は狹い
  • 転職まで時間がかかる
  • 良くも悪くも流される

選択肢は狹い

当然ですが、希望する企業や業種で紹介予定派遣の募集がかかっているとは限りません。
もし、具体的に勤務したい会社があり、その会社が普通の採用募集をしているなら、受けるべきだと思います。
また、必ず派遣会社経由ということもあり、企業側にはコストが発生しますし、直接雇用前提の派遣ですから、合格までのハードルがあがることもあります。

時間がかかる

一社検討するのに、最低半年かかる上、その期間の社会的立場は派遣社員です。
派遣社員は派遣会社の社員ですから、社会保険等は問題ないと思いますが、時間がかかりすぎるのは考えものです。

良くも悪くも流される

半年も仕事をすれば、環境にも馴染み、仕事仲間とも仲良くなっているかもしれません。
転職を決意した志は忘れ去って、情などで転職を決めてしまう可能性もあります。

まとめ

紹介予定派遣にはメリットがあれば当然デメリットもあります。
そんな、いろいろな要素もありますが、入社前に職場を経験できるのは素晴らしいことだと思います。
ブラック企業に就職してしまう危険性も0に近くなるでしょう。
何より、自分の持っているスキル、会社が必要としているスキルがマッチした状態で仕事ができるのは双方にとってとても幸せなことに違いないでしょう。

関連情報

最近見つけたいい感じの転職サイトの情報サイト。

ゼロから始める転職サイト

スポンサーリンク

シェアする

フォローする