Netflixで海外ドラマ「The100/ハンドレッド」シーズン5が配信開始!

Netflixで海外ドラマ「The100/ハンドレッド」シーズン5が5月8日より配信開始されました。
全話一気公開でなく、今のところは毎週火曜日に1話単位での配信になるみたいですね。
本記事ではシーズン4までのネタバレを含んでいますので、まだシーズン4を観終わってない方は閉じて下さい(^^;)

「The100/ハンドレッド」とは

以前に本ブログでも紹介いたしましたが、「The100/ハンドレッド」とは2014年から放送されているアメリカのテレビドラマシリーズで、原作として小説シリーズ『The 100』があるようです。
物語は全面核戦争の97年後に始まります(よくある設定です。。)
戦前の宇宙ステーションの居住者だけが生き残るが、100年経過で人口は増え結果資源が不足するようになり、18際未満の100人の犯罪者(といっても軽犯罪がほとんど)を地球調査兼人減らしで派遣する計画がタイトルにもある「ハンドレッド」計画です。
そして地球に降りった100人の地球でのサバイバル生活が始まります。

例によってNetflixで「ハンドレッド(The100)」を見ました。 もともと作品として知ってはいたのですが、ありがちなストリー設定に気...

シーズン4を復習

シーズン5を見る前にシーズン4の最後を少し振り返ると・・・。

シーズン4のラストではメインキャスト達は、プライムファイア(世界中の原子力発電所のメルトダウンによって起こる世界の終わり?)を迎えるにあたって3箇所に分かれました。
海外ドラマではよくある並行ストーリー展開ですね。
これってやはり撮影スケジュールの都合なんでしょうかね?
まぁ「ゲーム・オブ・スローンズ」を観終わったばかりの私には3箇所分散なんて気にもなりません(^^;)

一人地上に残された「クラーク」

シーズン4のラストで一人地上に残されたクラーク。
「闇の血」のおかげで、プライムファイアでも生き延びます。
地上で唯一(?)残された緑の地「エデン」にたどり着くことで、6年間生き延びています。
ちなみに「エデン」が残った理由なんかは科学的にかなり無理がありますが、なんとなくイメージはできます。
でも、そんな理由なら奈良や京都、長野なんかもエデンになりうる訳で・・・。
まぁ、そこら辺りはハンドレッドならではということで(^^;)

宇宙へ逃げた「ベラミー」達

「ベラミー」「エコー」「モンティ」「ハーパー」「エモリ」「マーフィー」の6人は宇宙ステーションに逃げ戻りました。6年経過後、宇宙からエデンの存在には気がついているものの、燃料もなく地球に戻ることができない状態です。
シーズン4のラストに現れた宇宙船の母艦に近づき燃料を獲得して地球へ帰還しようとするところからシーズン5は始まっています。

地下シェルターに逃げた「オクタヴィア」達

シーズン4では選民で波乱をおこした地下シェルターに逃れた一団。
「オクタヴィア」やクラークのお母さんなど、主要キャラクターが多くいます。
シーズン5の一話ではちらっとしか状況はわかりませんでしたが、おそらく崩れてきた塔の残骸で、出入り口が使えない様子。さて、どんようになっていくのでしょうか?

謎の宇宙船との絡みがメインストーリーか?

シーズン4のラストでも出現した謎の宇宙船。
シーズン5の一話で早速現れます。
彼らとの戦いがメインとなりそうですが、おそらく本当のメインストーリ(プライムファイアで地上滅亡的な・・)は別にありそう。今までの流れを組むなら、協力・共闘せずにいられないような状況になるのかも。
「宇宙船乗組員」と「地下のオクタヴィア達」との間で苦労する「クラーク」みたいな(^^;)

観たのは一話だけ

すでにNetflixでは3話まで配信されていますが、私が観たのは一話だけ。
そう、一気観したいので全話配信までは観ません(^^;)
全話配信し終わった時点で一話から観ようと思います。
どうせ、シーズン5の最終話も気になる形になると思うので焦りません。

シーズン6はどうなる?

シーズン5を観てないのに気になるシーズン6。
なんせ、海外ドラマは人気なくなると打ち切られるので、消化不良となる作品もしばしば。。
「ブレイキング・バッド」のように人気絶頂のまま、作品としての綺麗な完結をする作品はレアです。
まぁ儲かるうちは止めにくいですよね。。

でぇ、「ハンドレッド」はどうなるかというと・・・
シーズン6の制作決定!!
のようです。
これで一安心。変な心配することなくシーズン5をみることができます。